子供の身長を伸ばすサプリメント

アスミール、カルシウムグミ、カラダアルファ(α)、Dr.Senobiru

子どもの身長は大きくなってほしいけど、「自分たち両親の背が低いから無理かな」とあきらめ、成り行きまかせにしていませんか。

今の子どもが成長して大人になりる頃には、日本人も外国へ行って活躍する時代です。

外国へ行かなくても、多くの外国人が日本へ来てビジネスをする時代です。

そんな時に、彼らに負けない大きな体格は、大切な武器になります。

ビジネスで外国人と渡り合うのはもちろん、スポーツの世界で活躍しようとするのなら、なおさら大きな体格があると有利になるのは間違いありません。

スポーツの世界で活躍している日本人選手、大谷選手、イチロー選手、岩隈選手、五郎丸選手、松井秀喜選手、テレビではその大きさが分かりませんが、目の前で見たら驚くほどの大きさです。

何十年か前なら、子どもの身長は成り行きまかせでしたが、今は違ってきました。

子供の成長を促すことについての研究と実績が大きく進歩しているのです。

親が積極的に子どもの身長にかかわることで、あなたのお子さんの身長を伸ばすことができる時代なのです。

子供の成長は、一律ではありません。
1. 4歳から思春期までの安定成長の時期
2. 良く伸びる時期
3. 伸びるのが止まっていく時期

があり、それぞれの時期に適した対応があるからです。
また、極端に背が低い場合は、医師の指導を受けたほうが良い場合があります。

身長を伸ばすのに知らなければいけないのは、栄養の量、栄養素、蛋白同化作用、骨端線(こつたんせん)の知識です。

・栄養の量 全期間にわたってたくさん食べることが大事です。食べる量に比例して身長が伸びます。

・栄養素 色々な営養素をバランスよくとることが大事ですが、特にアルギニンが骨の成長に重要な栄養素です。

・蛋白同化作用 蛋白同化作用は、体内でたんぱく質を作り出す作用をいい、栄養素としてのアルギニンが重要な役割を果たします。
アルギニンは、大人の場合、体内で作り出す量で足りますが、子どもは不足がちになります。

・骨端線 成長期の子どもの骨の関節付近に現れる。

大腿骨をレントゲンで撮影すると、骨の先端部分、関節に近いところに点線のように見える隙間が空いています。
この隙間の部分が骨端線で、間に軟骨のような組織が詰まっています。
骨端線の間の軟骨組織は、成長ホルモンからの働きかけで、栄養素を取り込み増殖します。

増殖した軟骨組織は隙間を押し広げながら少しずつ硬い骨組織へと変化していき、身長が伸びていきます。

骨端線は現れるのは、身長が大きく伸びる第二次性徴期の10歳~17歳ぐらいの間と言われています。
成長期が終わると、骨端線の間にあった軟骨組織は硬い骨の組織へ変化し、骨端線は消えてしまいます。

骨端線が消えると、それ以上身長が大きく伸びることはほとんどありません。
骨端線の消失は、成長期が終わったことを意味します。

骨端線のある時期に、骨端線に栄養を十分に与えられるかが、身長の伸びに大きく影響します。

Dr.Senobiru を飲んだ東京都 優太くん(16歳) は、身長が低かったようですが、骨端線が閉じようとしていた時期にアルギニンを補給できたので、幸いにも身長が伸びたものと考えられます。

成長サポートサプリメントの選択の目安としては、安定成長の時期では、アルギニンが普通に配合されているものを試してみる。
良く伸びる思春期には、アルギニンの配合量の多いものを試してみると良いでしょう。

極端に背が低い場合は、早い時期に低身長治療の専門医に相談するのが良いです。

アスミール、カルシウムグミ、カラダアルファ(α)、Dr.Senobiru

コメント

タイトルとURLをコピーしました